アップデート情報

オートチェスS4アプデ後環境立回り、Tier構成攻略

オートチェスS4でのアップデートが終わり一週間ほどが経過しました。

そのアップデートにより、大方の予想通り、アサシンが大幅強化され、ハンターはほとんど息をしていない状況です。

また、一部アイテムの仕様が説明文と異なり、情報格差が生まれています。

本記事では、アプデ後の新環境の考察、現状のTier構成、Tier上位構成の解説を行います。

オートチェスS4アプデ後環境

S4アプデ後について

  • チャージマスクの仕様がバグっている
  • アサシン3の序盤が強力
  • 深海の歩行者集め、潮干狩り状態

という3テーマでまとめます。

チャージマスクの仕様がバグっている

チャージマスクの説明文を読むと

通常攻撃による吸血が15%、攻撃速度が50%上がる。5秒間、通常攻撃に的中した敵の物理防御を8下げる。該当駒が沈黙状態になる。

となっています。

同系列の呪われた吸血のマスクと同様に、赤文字太字で”該当駒が沈黙状態になる。”と記載されています。

しかし、チャージマスクは装備をしても該当駒は沈黙状態にならず、スキルを発動することができます。(呪われた吸血のマスクは沈黙状態になります。)

つまり、スキル発動が必須である、ドラゴンナイトや深海の歩行者にもチャージマスクをつけられることになります。

前回記事に書きましたが、物理防御ダウン効果がある装備をドラゴンナイト、深海の歩行者が持てることは、かなりバランスを崩す要因となります。

デメリットなしでチャージマスクを使える現状は、知っている人と知らない人でかなり情報格差が生まれています。

この件について、運営から正式な発表がないためやりたい放題になっています。

戸惑うプレイヤーも多いため、早急になんらかの発表をしていただきたいです。

アサシン3の序盤が強力

アサシン3の序盤が強力なのは、わかりきっていると思われますがあえて書いています。

アサシン3の初回確定クリティカルを受けきれる構成を早く作られるかが重要になっています。

前回環境のように、☆を重ねずにレベル先行してアンデハンターやメイジを組もうとすると、アサシン3の初回クリティカルで壊滅状態になってしまいます。

13ラウンドには☆2駒が3体はできていないと、HPが大幅に削られてしまいます。

序盤ガチャの必要性が高まっているといえるでしょう。

深海の歩行者集め、潮干狩り状態

アサシン構成に進む上で、まず目指すのが深海の歩行者の☆3です。この駒をいかに早く☆3にするかが重要になっています。

また、ゴブリン6でも深海の歩行者をキャリー駒にする動きが流行っています。

その他の構成であっても、深海の歩行者の☆3を防ぐ必要があるため、とりあえずピックしておこうという動きになっています。(単体で入れても強かったりする)

ラストのタイマン勝負では、アサシン6とゴブリン6の深海の歩行者☆3一騎打ちが頻繁に発生する。

装備が積まれるとほぼほぼ勝負がつかないため、膠着状態が続き、51ラウンド以降のペナルティで勝負がつく。

つまり、膠着状態になった時点でHPを多く残していた方が勝つゲームになっています。

この不毛な時間はどうしても好きになれませんね…。


アプデ後Tier上位構成

  • TierS:ゴブリン6、アサシン6
  • TierA:ドラゴンナイト、ビーストウォリアー
  • TierB:メイジ6、アンデハンター
  • TierC:グレーシャーナイト、ウイングス

大方の予想通りゴブリン6とアサシン6は強いです。ただ、人気構成のため、競合も多く無理に進めても勝ち切れないのは当たり前のことですね。

ドラゴンナイト構成、ビーストウォリアー構成は、競合のすき間に入れば、かなり安定して上位を取ることができます。

メイジ6に関しては、アイテムへの依存性が最も大きく、魔力の結晶の数が多ければ多いほど勝ちやすくなります。

アンデハンターは、完成すればそこそこ強いのですが、完成するまで生き残るためにはかなりの運が必要になります。アサシン強化の影響を最も受けた構成と言えます。

ウイングスに関しては、人気のアサシン6と競合する駒が多いためかなりきつそうですね。最終的にも、5G駒を重ねないと勝てないし、その5G駒にはシナジーが乗らないため優勝するのはかなり難しいです。

グレーシャーナイトは弱いというより、ドラゴンナイトと比べて進む理由がないという印象です。グレーシャー駒を集めるならナイト駒を重ねる方が序盤安定するし、ドラゴンナイト駒を引ける可能性も高くなり安定します。というか、チャージマスクを装備したドラゴンナイトが強すぎます。

各Tier上位構成の解説

今回は

  • ゴブリン6
  • アサシン6
  • ドラゴンナイト構成
  • ビーストウォリアー
  • メイジ6

について解説します。

ゴブリン6

ゴブリン6のテンプレ構成

  • ソールテイカー
  • ヘブンボンバー(⇔デストロイヤー)
  • ソウルブレイカー
  • リッパ―
  • アルケミスト
  • 神使い
  • グリムタッチ
  • 深海の歩行者
  • セイレーン

もはや、深海の歩行者とセイレーンはゴブリン6の一部といっても過言ではありません。

ウィザードシナジーについては、ゴブリン6を最速で発動させるためにテンプレに入れていますが、デストロイヤーを引ければ必要ない場合も多いです。

ゴブリン6駒+深海の歩行者、セイレーン+闇スピ+(その他アサシン駒、ロスガ、ジャイコプなど)

が最終の理想構成と言えます。

☆3を目指す駒、アイテム割り振り

優先して☆3を目指したいのは”深海の歩行者”です。

ゴブリン6発動した深海の歩行者☆3を作られれば、ほぼ試合終了といった感じです。

1~2Gのゴブリン駒についても☆3を目指して構いません。

アイテムは、深海の歩行者に集中させるのが良いでしょう。

セイレーンにもパルスワンド1つくらい持たせるとより安定感を持たせられます。

序盤中盤立回り

ゴブリン駒がうまく重なれば、迷わずゴブリン6に進むのがいいと思われます。

序盤はゴブリン駒と深海の歩行者を集めます。

ゴブリン3+アサシン3+マリーン2あたりを出しながらHPを守って、ゴブリン6発動と深海の歩行者☆3を目指しましょう。

アイテムは深海の歩行者に集めましょう。シャドウブレード、パルスワンド、雲頂の戟、鎧、木の棒、吸血マスクなどどれを装備させても腐らないのは強すぎますね。

アサシン6

アサシン6のテンプレ構成

  • 深海の歩行者
  • 致命の暗殺者
  • 砂漠の主
  • 光羽のアーチャ
  • その他アサシンから二体
  • 大樹の賢者
  • 熊のドルイド
  • セイレーン

☆3を目指す駒、アイテム割り振り

とにかく深海の歩行者を☆3にしましょう。

ドルイド駒についてもできるだけ早く☆3にしたいです。

その他のアサシン駒は☆2になったらそれ以上集めず、深海の歩行者が☆3になったあとに集め始めましょう。

アイテムも深海の歩行者に装備すれば問題ないです。最終的に揃えたいアイテムを想定してそれに必要なアイテムはどんどんつけていきましょう。

序盤中盤立回り

深海の歩行者が多く引ければ、アサシン6に進むことを考えましょう。

13ラウンド程度までは、アサシン3で相手を減らしてHPを確保しながら、しっかりお金を貯めましょう。

13ラウンドあたりでガチャを回し、深海の歩行者をしっかり確保しながら、勝てる構成を作ることが重要です。

深海の歩行者は他プレイヤーと取り合いになるので、早めにガチャを回し確保することが大事です。

ここで確保できないと少しつらいですね。

周りのプレイヤーを確認して、メイジが多い場合はかならずマリーン2を発動するようにしましょう。


ドラゴンナイト構成

ドラゴンナイトテンプレ構成

  • 霜の騎士
  • 霊刃の騎士
  • 煉獄の騎士
  • 不死の騎士
  • 羊の騎士
  • ドラゴンナイト
  • アンブラ
  • 毒竜(⇔フロストドラゴン(闇スピが引けているなら))

上記の8駒でナイト6ドラゴン3アンデ2ヒューマン2というほぼ無駄がないシナジーを発揮してくれる強力な構成です。

闇スピ、デストロイヤー、セイレーン☆2などを引ければレベルを上げて追加していきましょう。

☆3を目指す駒、アイテムのつけ方

ドラゴンナイト構成は☆3を目指すことより、まず上記のシナジーとドラゴンナイトを☆2にする事を優先します。

その理由として、煉獄の騎士☆3、霊刃の騎士☆3よりドラゴンナイト☆2のキャリー力が高いためと、2G駒を集めると他プレイヤーが深海の歩行者を引く可能性が高まってしまうためです。

アイテムはドラゴンナイトに集中させます。特に、チャージマスクは確実に持たせたいですね。ドラゴンナイトにチャージマスクを宗教的に持たせたくない人は、ドラゴンナイト構成はやめておきましょう。

序盤中盤立回り

序盤のナイトの重なりがよく、早めにドラゴンナイトを引けた場合に進みます。

装備はドラゴンナイトに集中させたいので、ドラゴンナイトを引けるまでアイテムを装備させる枠を作りたいです。

序盤、煉獄の騎士や霊刃の騎士にアイテムを持たせてキャリー役にして、最終的にドラゴンナイトに装備を移す立回りも強いです。

ビーストウォリアー

ビーストウォリアーテンプレ構成

  • セイウチボクサー
  • 深海の守護者
  • 人狼
  • 海賊王
  • 終焉の審判者
  • バーサーカー
  • (ロストガーディアン上記駒のうち一体と交換)
  • セイレーンor深海の歩行者
  • (ビースト4出したかったら)熊のドルイド、魔毒の芋虫

序盤は赤き斧の王や剣聖も使い、圧倒的耐久力でアサシンにも立ち向かえます。

最終的に剣聖はテンプレ構成に入っていないので、アイテムを持たせて、ロストガーディアンやバーサーカーなどのキャリー駒が引けたらアイテム移行していきましょう。

☆3を目指す駒、アイテムのつけ方

こちらも☆3を作ることよりも、ウォリアーの4G駒、5G駒の☆2を早く作りたいです。

強いて言うなら、深海の守護者の☆3を目指したいですが、ロスガの☆2をキャリー駒にした方が強いため、優先度は低めです。

アイテムはロスガ、バーサーカー、深海の守護者☆2などからキャリー駒を決めて集中させたいです。ひとまず、剣聖にアイテムを集中させて、アイテムと駒の引きからキャリー駒を決定して移行させましょう。

序盤中盤立回り

序盤にウォリアー駒が多く引けた場合に進みます。

ビーストウォリアーはとにかく連勝したいです。序盤リーチが多い場合はガチャを回してしっかり重ねていきましょう。

4G駒を引けたときのウォリアー駒を変更するタイミングが大事です。

特に、剣聖からのアイテムの移行タイミングがポイントになります。

ロストガーディアンを引けるまで待つか、バーサーカーや終焉の審判者の☆2につけちゃうか周りの構成や残りHPを見ながら判断しましょう。


メイジ6

メイジ6テンプレ構成(対アサシン、ナイト、ウォリアー)

  • ウィンターワイバーン
  • ライトドラゴン
  • 雷のスピリット
  • 焔霊法師(orマナの源)
  • 亀乗りの長老
  • ドラゴンナイト
  • 神使い
  • グリムタッチ
  • 水のスピリット
  • 闇のスピリット

スピリット4ヒューマン4ドラゴン3メイジ6を出せる構成です。特に、アサシンをメタった構成です。アサシンと一騎打ちが予想される場合はこの構成を準備しておきましょう。アサシン駒を石にする意志を強めに動いてください。(クイーンジョーク、もうきついんですけど…。)

メイジ6テンプレ構成(対マリーン4)

  • ライトドラゴン
  • マナの源
  • 雷のスピリット
  • 焔霊法師
  • 亀乗りの長老
  • 雷神
  • ドラゴンナイト
  • フロストドラゴン
  • 闇のスピリット
  • デストロイヤーorロストガーディアンor闇のスピリット

こちらは前環境とあまり変わっていません。フロストドラゴンで相手駒を一箇所に集めて、スキルで一掃します。

☆3を目指す駒、アイテムのつけ方

☆3を目指す駒はドラゴンナイトのみです。その他の駒は☆2で止めましょう。

ドラゴンナイトも☆3を目指す余裕が無い場合は諦めてください。

アイテムは魔力の結晶の数を確保しながら、多くのパルスワンドを分散させて持たせられると強いです。

パルスワンドを持たせる優先順位は

闇スピ>嵐>5G駒>亀乗り>雷のスピリット>焔霊法師>水のスピリット

くらいの意識で分散させてください。

リフレの持たせ先は、ほぼほぼ闇スピです。

マナ強化アイテム以外はドラゴンナイトに持たせてください。ドラゴンナイトへのチャージマスクも優先度高めで動きましょう。

序盤中盤立回り

魔力の結晶、パルスワンドが多くできた場合はメイジ6に進むことを視野に入れましょう。

メイジ3とゴブリンの1G駒、水のスピリット、ウインドレンジャーなどの強力な魔法ダメージスキルを持つ駒とを組み合わせてHPを温存させましょう。

パルスワンド亀乗りはキャリー力高めで、アサシンとも相性がいいので積極的に狙っていきましょう。

アプデ後環境まとめ

この記事で伝えたかったことは

チャージマスク深海の歩行者

チャージマスクドラゴンナイト

が壊れているということです。

いろいろ思うところがあるプレイヤーもいますが、運営が正式なメッセージを出すまでは気にせず使いまくりましょう。

ゲームは楽しまないと損です!