テンプレ構成

スマホ版オートチェス:メイジ6ヒューマン4テンプレ構成序盤中盤立回り解説

スマホ版オートチェスのテンプレ構成の一つであるメイジ6ヒューマン4について解説します。

メイジ6ヒューマン4はヒューマンシナジーをもつ駒で敵駒のスキルを封じながら、メイジ駒のスキルで敵を一掃する構成です。

メイジジョブである、オーガメイジ、マナの源、ライトドラゴン、焔霊法師、雷のスピリット、亀乗りの長老とヒューマン種族である海賊王、魔法ダメージを与えるスキルをもつ影の魔王(嵐のシャーマン)を組み合わせた編成です。

とにかくメイジを6体集めて、魔法ダメージスキルで大ダメージを与えます。

完成したときの対人戦の勝率はかなり高いものになります。

ただ、ボス戦に弱いという弱点もある構成です。

そんなメイジ6ヒューマン4のテンプレ駒構成、配置の仕方、序盤中盤の立ち回り方法を解説していきます。

メイジ6ヒューマン4のテンプレ駒構成

メイジ6ヒューマン4はテンプレ駒は、オーガメイジ、マナの源、ライトドラゴン、焔霊法師、雷のスピリット、亀乗りの長老、影の魔王、海賊王の8駒です。

メイジ6+毒竜とドラゴンナイトを入れて、ドラゴン3を追加する構成も選択肢の一つです。

メイジの$5駒である、堕落した法師、雷神を引いた場合はオーガメイジ、ライトドラゴン(ドラゴン3の場合は雷のスピリットor焔霊法師)の順に交換してください。

サブの候補として、嵐のシャーマン、ジャイロコプター、アクアハンター、上記テンプレ駒の2体目などが候補になります。

メイジ6ヒューマン4のテンプレ構成

 

画像 駒名 価格 種族 クラス
オーガメイジ $1 キラ メイジ
マナの源 $2 ヒューマン メイジ
ライトドラゴン $2 ドラゴンウイングス メイジ
焔霊法師 $3 ヒューマン メイジ
雷のスピリット $3 スピリット メイジ
亀乗りの長老 $4 ヒューマン メイジ
影の魔王 $3 デーモン ウォーロック
海賊王 $4 ヒューマン ウォリアー

$5のメイジ駒ユニットである下記の2駒が引ければ、オーガメイジ、ライトドラゴンの順に変更

画像 駒名 価格 種族 クラス
堕落した法師 $5 アンデッド メイジ
雷神 $5 ディバイン メイジ

 



メイジ6ヒューマン4の入れ替えサブ候補

優先度 駒名 選定理由
ドラゴンナイト毒竜 ドラゴンシナジーを発動できる。ドラゴンナイトの通常攻撃に魔法ダメージの追加効果があり、メイジとの相性がいい。
嵐のシャーマン 強力な魔法ダメージと敵駒を沈黙にする良スキル持ち。対メイジ構成には必須級。
ジャイロコプター ☆1でも☆2影の魔王より強いです。強力で広範囲に魔法ダメージを与えるスキル持ちです。
アクアハンター 広範囲にスタンと魔法ダメージを与える良スキル持ちです。前線に配置しましょう。



メイジ6ヒューマン4の配置例

メイジ6ヒューマン4の配置は、前線にタンク役、妨害スキル持ちを並べ、後衛には火力を出す魔法ダメージスキルもちの駒を配置します。基本的に、アサシン対策のため、ボックス型に配置します。

最終、対メイジになった場合のみ、まとめてスキルを受けるのを防ぐ為に駒を分散させます。

配置の役割として、

赤色⇒妨害スキル、タンク役 海賊王、オーガメイジ

青色⇒後衛火力役、サポート役 雷のスピリット、亀乗りの長老、ライトドラゴン、焔霊法師、マナの源、影の魔王

となります。

亀乗りの長老はスキルを放つときチャージタイムが必要なので、一番攻撃されにくい所に配置しましょう。

サブ駒の配置は

赤色⇒妨害スキル役 嵐のシャーマン、アクアハンター

青色⇒後衛火力役 ジャイロコプター、ドラゴンナイト、毒竜

なのでこれを目安に配置してみてください。

メイジ6ヒューマン4立ち回り解説

メイジ6ヒューマン4は、序盤に壁役を集めます。その後、メイジや魔法ダメージスキル持ちの駒を集め、メイジ3を発動させながら戦闘をしていきます。

メイジ6ヒューマン4編成に進む目安

メイジ6ヒューマン4に進む目安は、壁役がしっかりしていることと強力な魔法ダメージスキル持ちの駒を持っていることです。

壁役としては、魔法ダメージスキル持ちのソウルブレイカーやヘブンボンバーの☆2が望ましいですが、

ウォリアーシナジーやケープシナジーで硬い構成であれば構いません。

魔法ダメージスキル持ちの駒としては、

影の魔王と雷のスピリットがポイントです。

この2体をすんなり引けているのであれば、メイジ6を目指していいと言えるでしょう。



メイジ6ヒューマン4序盤(レベル1~5)の進め方

メイジ6ヒューマン4では、まず壁役の駒をしっかり確保することです。

壁役がいないままに、無理やりメイジ構成に進んでもスキルを打つ前にやられてしまいます。

壁役の候補としては、

  • ゴブリン3構成
  • ウォリアー3構成(ケープ含む)

のどちらかを意識します。

ソウルブレイカーや戦神など序盤に強い駒を引くことを意識しましょう。

10ラウンドあたりでうまく影の魔王や雷のスピリットを引ければ、壁の後ろに配置してたっぷりダメージを稼いでもらいましょう。

メイジ構成に行くと決めれば、マナの源、ライトドラゴン、焔霊法師、オーガメイジを集め始めます。

ただ、無理にメイジ3を発動させずにメイジ駒のうち2体が☆2になるあたりで、メイジ3を発動させていきましょう。

メイジ6ヒューマン4中盤(レベル6~8)の進め方

まず、レベル6、7で、無理にメイジ6を発動させようとしないことです。

メイジ3を発動させながら、最低限の壁役を残して、影の魔王や雷のスピリットのような広範囲魔法ダメージスキル持ちの駒を多く盤面に並べます。

例えば、メイジ3を発動した状態で影の魔王のスキルが2回発動させれば、ほぼ敵駒を壊滅させられます。

レベル8になれば、ショップリストを更新してメイジ6を目指します。

メイジ6にするときには、不要な壁役は売ってでも無理やりにシナジーを発動します。

26ラウンドあたりでメイジ6を発動できれば、ほとんどの相手に勝つことができます。

☆2にできていない駒が多ければ、レベル8でしばらく☆上げを狙いましょう。

メイジ6ヒューマン4終盤(レベル9~10)の進め方

メイジ6ヒューマン4の終盤は、強力な魔法ダメージスキル持ちの駒の$4、$5駒を集めて場に出していきます。

堕落した法師や雷神のような、$5のメイジ駒を引ければ、オーガメイジ、ライトドラゴンの順に代えていきます。

嵐のシャーマン、アクアハンター、ジャイロコプターのような強力な魔法ダメージスキル持ちの駒を引ければ、レベルアップを狙って場に出していきましょう。

メイジ構成の場合は☆を上げることよりも、スキルの発射台を増やす方が敵に勝ちやすいと思います。

(もちろん☆を増やす事も重要なので、リーチが多い場合はショップ更新を優先してください)



メイジ6ヒューマン4の装備アイテムをつける駒

メイジ6ヒューマン4のそれぞれの駒の役割はかなりはっきりしています。

そのため装備アイテムをつけるべき駒もほぼ決まっています。

アイテムのつけ方を間違えると効果が発揮されないので注意しましょう。

敵へのダメージ量を上げるアイテム

ダメージ量を上げるアイテムは、基本的に影の魔王、ジャイロコプター、海賊王、アクアハンターの順優先して、つけましょう。

メイジユニットの通常攻撃はかなり弱いので、攻撃力アップアイテムをつけてもそれほど効果がありません。

影の魔王はデーモンなので、通常攻撃に固定ダメージの追加効果が得られるため、攻撃力アップの効果が大きいです。メイジ構成では一番優先して、攻撃力アップアイテムを装備させましょう。

ジャイロコプターは攻撃速度も速く、高い攻撃性能をもっているため、攻撃力アップの効果が大きいです。

自駒の耐久力を上げるアイテム

自駒の耐久力を上げるアイテムは海賊王、嵐のシャーマン、アクアハンター、ドラゴンナイトなどにもたせてください。

序盤の壁役の駒は、途中で駒を代える可能性が高いので、どんどんアイテムを装備させましょう。

最終編成では、前線に配置する駒に耐久力アップアイテムを装備させてください。

ただ、魔法防御を上げるアイテムは、メイジ駒につけて、スキル1発で倒れることを防ぎましょう。

MPの回復量を増やすアイテム

MPの回復量を増やすアイテムは、海賊王、嵐のシャーマン、アクアハンターなどの妨害スキルもちのユニットに装備させましょう。

いかに妨害スキルを相手より先に打つかが、戦闘に勝つポイントになります。

敵駒の耐久力を下げるアイテム

敵駒の耐久力を下げるアイテムはどの駒につけても大差ありません。

同じ駒に何個もつけても、効果が重複しないらしいので、異なる駒に分散させて装備させましょう。

メイジ6ヒューマン4編成まとめ

メイジ6ヒューマン4は組むまでが少し大変ですが、組めればなかなか負けない強構成です。

メイジシナジーにより、敵駒の魔法防御をマイナスにして、強大な魔法ダメージを与えます。

味方が一通りスキルを発動したあとに、敵駒が全滅している姿を見るのはほんと爽快です。

そんな爽快感をぜひ味わってみて下さい。