テンプレ構成

スマホ版オートチェス:メイジ6テンプレ構成序盤中盤立回り解説

スマホ版オートチェスのテンプレ構成の一つであるメイジ6について解説します。

メイジ6はヒューマンシナジーをもつ駒で敵駒のスキルを封じながら、メイジ駒のスキルで敵を一掃する構成です。

ドラゴンシナジーを発動させることで中盤の安定感を増すこともできます。

メイジジョブである、ウィンターワイバーン、マナの源、ライトドラゴン、焔霊法師、雷のスピリット、亀乗りの長老とドラゴン、ヒューマン種族であるドラゴンナイト、魔法ダメージを与えるスキルをもつ嵐のシャーマンを組み合わせた編成です。

とにかくメイジを6体集めて、魔法ダメージスキルで大ダメージを与えます。

完成したときの対人戦の勝率はかなり高いものになります。

ただ、ボス戦に弱いという弱点もある構成です。

そんなメイジ6のテンプレ駒構成、配置の仕方、序盤中盤の立ち回り方法を解説していきます。

メイジ6ヒューマン4のテンプレ駒構成

メイジ6ヒューマン4はテンプレ駒は、ウィンターワイバーン、マナの源、ライトドラゴン、焔霊法師、雷のスピリット、亀乗りの長老、ドラゴンナイト、嵐のシャーマンの8駒です。

レベル9、10での追加駒候補として、雷神、海賊王、ジャイロコプター、闇のスピリット、水のスピリットなどが候補になります。

メイジ6のテンプレ構成

 

画像 駒名 価格 種族 クラス
no image ウィンターワイバーン $1 ドラゴン メイジ
マナの源 $2 ヒューマン メイジ
ライトドラゴン $2 ドラゴンウイングス メイジ
焔霊法師 $3 ヒューマン メイジ
雷のスピリット $3 スピリット メイジ
亀乗りの長老 $4 ヒューマン メイジ
嵐のシャーマン $4 ケーブ シャーマン
ドラゴンナイト $4 ドラゴンヒューマン ナイト

 



メイジ6の追加駒候補

優先度 駒名 選定理由
雷神 他のメイジ駒(ドラゴン以外)が☆2になっていなければ入れ替えてもいい。亀乗りの長老などが引けない場合、6体目のメイジとして出してメイジ6を発動させてください
海賊王 中盤以降の壁候補。ヒューマンシナジーがあるので相手を阻害する性能が高い。スキルも優秀。
ジャイロコプター 超優秀な魔法ダメージスキルを持つ駒。ドワーフでステータスも高いので通常攻撃も優秀。
闇のスピリット ナイト、ゴブ6対策には必須。スピリットシナジーが発動するため壁役としても優秀。☆2になれば圧倒的な火力を出してくれる。



メイジ6の配置例

メイジ6の配置は、前線にタンク役、妨害スキル持ちを並べ、後衛には火力を出す魔法ダメージスキルもちの駒を配置します。基本的に、アサシン対策のため、ボックス型に配置します。

最終、対メイジになった場合、まとめてスキルを受けるのを防ぐ為に駒を分散させます。

配置の役割として、

赤色⇒妨害スキル、タンク役 海賊王、ウィンターワイバーン

青色⇒後衛火力役、サポート役 雷のスピリット、亀乗りの長老、ライトドラゴン、焔霊法師、マナの源、嵐のシャーマン

となります。

亀乗りの長老はスキルを放つときチャージタイムが必要なので、一番攻撃されにくい所に配置しましょう。

ただ、嵐のシャーマンの位置については、常に微調整してください!

メイジ6で勝つには、嵐のシャーマンのスキルをいかに速く打てるかが重要になります。

だから、基本的に前衛にして相手の攻撃を受けることでマナを貯めやすくしています。

ただ、相手にヒューマンシナジーやデーモンハンターなどがいる場合、嵐のシャーマンがスキルを封じられない様に2列目に下げてください。

また、パルスワンドなどで戦闘開始の瞬間にスキルを発動できる条件が揃っている場合も前衛にだす必要はないので2列目に下げてください。

また、闇のスピリットや水のスピリットを採用している場合は、スピリット駒を前衛にだしてください。

メイジ6立ち回り解説

メイジ6は、序盤はディヴァイン+ゴブリン駒やスピリットメイジなどでしのぎながらレベルアップ優先で進めます。その後、メイジ駒、ドラゴン駒、嵐のシャーマンを集め、メイジ6を発動を最優先で目指します。

メイジ6編成に進む目安

メイジ6進む目安は、壁を集めながらプレイして、焔霊法師、雷のスピリットあたりが引けたり、ドラゴン3orメイジ3が発動できたら。

メイジ6が強い理由の一つが、最序盤の進め方が”混成ハンター”と同じであることです。

(混成ハンターの記事はまだ書けていないので、Twitterのゆたさんを参考にしてください)

戦神、ソウルブレイカー、ソウルテイカー、ヘヴンボンバー、剣聖、などの序盤に強い駒を集めながら

ライフルマンを引けたら⇒混成ハンター

焔霊法師、雷のスピリット、ドラゴン3発動が引けたら⇒メイジ6

のように選択することができます。

ただ、連敗になった場合、私はメイジ6の方をオススメします。



メイジ6序盤(レベル1~5)の進め方

メイジ6では、まず壁役の駒をしっかり確保することです。

壁役の候補としては、

  • ゴブリン3構成
  • ウォリアー3構成(ケープ含む)
  • ディヴァイン+ゴブリン、剣聖

などの構成を意識します。

ソウルブレイカーや戦神など序盤に強い駒を引くことを意識しましょう。

10ラウンドあたりでうまく雷のスピリットや焔霊法師を引けたり、ドラゴン3シナジーを発動できれば、壁の後ろに配置してたっぷりダメージを稼いでもらいましょう。

メイジ構成に行くと決めれば、メイジ駒+ドラゴン駒+嵐のシャーマンを集め始めます。

1Gゴブリン駒(ソウルブレイカー、ソールテイカー、ヘヴンボンバー)や剣聖、ウィンドハンターなどの強力なスキルを持ち、最終構成に入らない駒にはしっかり装備アイテムをつけて強化しましょう。

※メイジ6に行く場合は、最終構成に入らないウィンドハンターなどの3G以上の駒を☆2にするのはできるだけ控えましょう。☆2にしてもスキルダメージはあまり変わりません。しかし、3G駒を☆2にして売却すると、購入価格9Gに対して、売却価格は4Gなので5Gも損してしまいます。

メイジ6中盤(レベル6~8)の進め方

メイジ6での中盤の進め方はとにかく速くレベル8を目指すことです。

メイジ6の火力は、嵐のシャーマン、ドラゴンナイト、亀乗りの長老などの4G駒に掛かっています。

レベル6、7は出来るだけガチャをしないように、利子もしっかり獲得できるように最小限の駒だけを残して耐えてください。

メイジ6構成では、基本的に☆3を目指しません。だから、☆2になったらその駒はショップに並んでも買わないようにしてください。買ってしまうと他の駒の出現率が下がるので鋼の意思でプレイしてください。

メイジ3を発動させながら、最低限の壁役を残して、嵐のシャーマンや雷のスピリットのような広範囲魔法ダメージスキル持ちの駒を多く盤面に並べます。

レベル8になれば、ショップリストを更新してメイジ6を目指します。

メイジ6にするときには、不要な壁役は売ってでも無理やりにシナジーを発動します。

26ラウンドあたりでメイジ6を発動できれば、ほとんどの相手に勝つことができます。

☆2にできていない駒が多ければ、レベル8でしばらく☆上げを狙いましょう。

メイジ6ヒューマン4終盤(レベル9~10)の進め方

メイジ6の終盤は、強力な魔法ダメージスキル持ちの駒の4G、5G駒を集めて場に出していきます。

雷神、ジャイロコプター、闇のスピリットのような、強力な5G駒を引いて、火力を底上げしていきましょう。

メイジ構成の場合は☆を上げることよりも、スキルの発射台を増やす方が敵に勝ちやすいと思います。

(もちろん☆を増やす事も重要なので、リーチが多い場合はショップ更新を優先してください)



メイジ6の装備アイテムをつける駒

メイジ6のそれぞれの駒の役割はかなりはっきりしています。

そのため装備アイテムをつけるべき駒もほぼ決まっています。

アイテムのつけ方を間違えると効果が発揮されないので注意しましょう。

基本的に、メイジ6での装備アイテムは嵐のシャーマンドラゴンナイトに集中させます。

(特に嵐のシャーマンの装備アイテムが重要なので、選択肢は嵐のシャーマンを優先させてください)

序盤、中盤は他のメイジ駒にできるだけアイテムを装備しないように進めたいです。

ソウルブレイカーやソールテイカー、剣聖、ウィンドハンターなど装備アイテム着ける用の駒を用意して、序盤中盤のアイテムを無駄なく使えるようにするのもポイントです。

嵐のシャーマンの装備アイテムは”リフレッシュの珠”+”パルスワンド(レベル2)”を目指してください。

これを揃えるためには、魔力の結晶×3、生命の指輪×2、マジックロッド×2が必要になります。

多いですがこれができたらほぼ優勝したも同然です。

ドラゴンナイトの装備アイテムは”トールハンマー”を目指してください。

トールハンマーは、ルーンハンマー+鋭い銛でサンダーハンマーを作って、サンダーハンマーと冥界の欠片を合成することで作られます。

これには、通常攻撃の25%で最大5体の敵に200の魔法ダメージを与えるという破格の性能になっています。それも魔法ダメージなので、メイジ6シナジーで魔法防御が下がっているのでかなりのダメージを与えることができます。

その他の装備アイテムは、嵐のシャーマン、ドラゴンナイト、5G駒などに程よく分散してつけたらOKです。

 

メイジ6構成のメリット、デメリット

メイジ6のメリットとして

  • 最序盤の動きが混成ハンターと同じなので周りやショップを見ながら選択できる
  • ヒューマン、ドラゴンシナジー(スピリットシナジー)がメイジシナジーとかなり相性がいい
  • ☆3を目指す必要が無いので、最低限のガチャでレベルアップできるので4G、5G駒を確保しやすい
  • 追加の5G駒を相手に合わせて選択できるため、終盤の対応力もほどほどにある

メイジ6のデメリットとして

  • マリーン4、ナイト6、竜爪の杖などの対策されると勝ちようがない
  • 魔力の結晶が引けないととにかくつらい

逆に言うと、対策さえなければ最強です!

メイジシナジーにより、敵駒の魔法防御をマイナスにして、強大な魔法ダメージを与えます。

味方が一通りスキルを発動したあとに、敵駒が全滅している姿を見るのはほんと爽快です。

そんな爽快感をぜひ味わってみて下さい。