テンプレ構成

クイーンが教える連勝できる10ラウンドまでの定石

現環境のオートチェスは連勝で入らないとつらいと言われています。

もちろん連敗グレナイ、ウイングス、うなぎハンターなどの連敗からリカバリーする戦術もありますがかなりのリスクを伴います。

この記事では、序盤の引きが悪い時でも最低限強い構成を作るための知識を紹介します。

優先すべき1G駒、序盤に引きたい2G駒、単体で強い3G駒、これらを総合した強い組み合わせを解説していきます。

優先すべき1G駒

1Rで最初に選ぶ1G駒迷いますよね。

また、同じ駒が3体並んでショップをロックするかの判断も迷います。

ここでは優先すべき1G駒、ショップをロックするラインについて解説します。

まず、1G駒の優先順位は

Tier1(2体あればロックを考える)

ソールテイカー、ソウルブレイカー>デーモンハンター、戦神、不死の射手

Tier2(3体あればロックを考える)

ヘブンボンバー、セイウチボクサー、フロストナイト、赤き斧の王

Tier3(3体あっても絶対にロックしない)

氷河の祈祷師、一角獣、ウインターワイバーン

もちろんTier2、3にも最終構成に入る駒はいるのですが、ステータスが低かったり、スキルが弱いので序盤ではほとんど活躍できません。

序盤はTier1駒を中心に構成していきましょう。


序盤に引きたい2G駒

2G駒で重要な駒はダークナイト、剣聖、リッパーの3体です。

これらの駒はどの構成に進むとしても安定して力を発揮してくれます。

10ラウンドまでに☆2に重ねることができればかなり安泰になります。

これらの駒は以下のシナジーを発動させることにより中盤まで十分なタンク性能を持つことができます。

ダークナイト:ナイト2or4シナジー

剣聖:ケーブ2シナジー、ウォリアーシナジー

リッパー:ゴブリンシナジー、メカシナジー

しっかりタンクをもつことが序盤に大負けしないためのポイントです。

タンクが安定していると余裕をもって、最終構成に必要な駒を集めることができます。



単体で強い3G駒

10ラウンドまでに引いた3G駒は☆2にしなくとも強いです。

ここでは特に強い3G駒について紹介します。

・ライフルマン

現環境最強駒です。10ラウンド以内に引けたらよっぽどなことがない限り取りましょう。最強の攻撃性能と頭脳を持った駒です。どの構成を目指していても強化につながります。

・羊の騎士

高いHPと物理防御をもつタンク駒です。ステータスが高いだけでなく、スキルも優秀です。範囲に固定ダメージを与え、味方駒のHPを回復する事ができます。序盤は雑に入れても確実に仕事をしてくれます。最終構成に入る事はほとんどないのでがっつりアイテムを積むことができる点も優秀ですね。

・裏切りのデーモンハンター

スキルにより変身すれば多少不利な状況からでも敵駒を全滅させることができます。魔力の結晶をつけて、変身を少しでも早めるのが重要です。

・焔霊法師

単体性能がかなり高いスキルを持っています。☆1の駒をほぼワンパンできるスキルは序盤数的優位を作るためにうってつけです。スキル後の攻撃速度アップも序盤ではバカにならない効果があります。

・雷のスピリット

かなり優秀なスキルと高いステータスをもった駒です。スキルの範囲が非常に広いため後衛にもダメージを与えることができます。水のスピリットと組み合わせれば、スピリットシナジーが発動し前衛タンク役としても働くことができます。序盤のボス戦は近距離攻撃ばかりなのでスピリットシナジーは非常に有効です。

・致命の暗殺者

アサシン構成の最重要駒です。この駒を引いた時にアサシンに行きそうなプレイヤーがいなければアサシンに行くのを考えましょう。呪いの吸血マスクをつけることで、後衛をばったばったとなぎ倒す殺人鬼ができあがります。

・魔毒の芋虫

スキルによりプレークガードを召喚します。プレークガードは魔法ダメージを受けず、敵駒の攻撃速度を低下させることができます。魔力の結晶を持たせることでプレークガードを大量に発生させて、敵に大ダメージを与えることができます。ただ、お友達をなくすことがあるので良い子のみんなはお友達との対戦では極力控えましょう。

序盤の強い構成、定石集

序盤に強い動きは今まで紹介してきた駒を使う事です。

ただ、さらにこれまでの駒を活かすために以下の構成も頭に入れて進めていきましょう。

ゴブリン3+強い駒

序盤に強い構成で一番最初に上がるのはやはりゴブリン3です。

初心者の方がよくやるミスとして、4体目・5体目にもゴブリン駒を入れてしまうことです。

ゴブリン3シナジーは名前の通り、ゴブリン3体で発動することができます。

4体目・5体目には上記に示した、強い2G駒3G駒や☆2合成した駒を入れて行きましょう。

ディヴァイン+魔力の結晶を持たせたスキルが優秀な駒

序盤はスキルの効果で一気に勝負が決まります。ディヴァインシナジーで優秀なスキルを何度も発動させて連勝するパターンがあります。

基本的には、戦神が☆2に重なった場合進むことが多いです。

ディヴァインと組み合わせる駒の候補は、ゴブリン駒の☆2(3種類以上出すとゴブリン3が発動してディヴァインが解除されるので注意)、羊の騎士、焔霊法師、ウィンドレンジャーなどです。

特に、ディヴァイン+魔力の結晶を持たせた羊の騎士は強力なのでおすすめです。

ハンター3構成

序盤のハンター3はとにかく強いです。他の構成は割合で強化されるのに対して、ハンター3は攻撃力35アップと固定値で強くなります。序盤のこの効果は後衛のアタッカーに装備を2つ着けたくらいの強化なのでかなり大きいですね。

タンク役は硬ければなんでもいいので、重なったゴブリン駒やウォリアー駒、ナイト駒を置いておきましょう。

さらにライフルマンが入る場合は、HPが少ない敵を優先して倒してくれるのでかなり勝ちやすいです。

ウォリアー構成

1G駒、2G駒には、ウォリアー駒が非常に多いです。さらにそこまで弱い訳ではないので☆2に重ねて、ケーブ、ウォリアー、ビーストシナジーを発動させることで十分に連勝できる構成を作る事ができます。

連勝するための序盤の進め方まとめ

序盤は連勝できる強い構成を作ることと、最終構成に必要な駒を集めることの両方を考えなくてはいけません。

序盤の動きで迷っていると、他プレイヤーの動きを見る事ができず、被りまくりの構成に行ってしまったりします。

しっかりお金も時間も有効活用できる序盤の進め方を掴みましょう。

最終構成を決めるために考える時間をとるために、序盤の定石をしっかり覚えていきましょう。