テンプレ構成

オートチェス:グレーシャーウォリアーテンプレ構成序盤中盤の立回り解説

スマホ版オートチェスのテンプレ編成の一つであるグレーシャーウォリアー構成のテンプレ構成、序盤中盤の立ち回り、どの駒に装備アイテムをつけるかについて、解説します。

グレーシャーウォリアー構成はウォリアーシナジーで物理防御を高め、グレーシャーシナジーで攻撃速度を高め、バーサーカーを活かして戦う構成です。

ウォリアージョブである、セイウチボクサー、深海の守護者、人狼、海賊王、バーサーカー、終焉のデーモンから3~4体、グレーシャー種族である、氷河の祈祷師、氷河の呪術医、シャドウプリースト、バーサーカー、ウォーロックジョブである魔毒の芋虫などを組み合わせた構成です。

序盤は環境で強いビーストウォリアーを目指しながら、余ったお金でグレーシャー駒を集めます。

中盤以降はビーストウォリアーの引きが良い場合はそのままビーストウォリアーに進み、グレーシャーが集まればグレーシャーウォリアーも選択肢に入れて構成を組みます。

ナイトの引きが良ければ、グレーシャーナイトにも進める選択肢がかなり多い構成になっています。

終盤も相手の構成に合わせて、嵐のシャーマンやセイレーン、闇のスピリットなど選択できるので安定性が高いです。

そんなグレーシャーウォリアーのテンプレ編成、配置の仕方、序盤中盤の立回り方法、装備アイテムをどの駒につけるかを解説していきます。

グレーシャーウォリアーのテンプレ構成

グレーシャーウォリアーは、氷河の祈祷師、氷河の呪術医、シャドウプリースト、バーサーカー、人狼、海賊王、魔毒の芋虫の7駒がテンプレ構成です。

サブ追加駒の候補として、終焉のデーモン、嵐のシャーマン、深海の守護者、アクアハンター、セイレーン、闇のスピリットなどが候補になります。

グレーシャーウォリアーのテンプレ駒

画像 駒名 価格 種族 クラス
氷河の祈祷師 $1 グレーシャー シャーマン
氷河の呪術医 $2 グレーシャー ウォーロック
シャドウプリースト $3 グレーシャー プリースト
人狼 $3 ビースト

ヒューマン

ウォリアー
バーサーカー $4 グレーシャー ウォリアー
海賊王 $3 ヒューマン ウォリアー
魔毒の芋虫 $3 ビースト ウォーロック



グレーシャーウォリアーのサブ候補

優先度 駒名 選定理由
終焉のデーモン 火力、タンク、妨害役全てをこなしてくれる強駒です。ほぼテンプレ駒として扱ってもいい駒です。
嵐のシャーマン 氷河の祈祷師とシャーマンシナジーを発動できます。優秀なスキルで、相手のスキル妨害と広範囲ダメージを与えてくれます。
深海の守護者 序盤から手に入りやすいウォリアー駒であり、スキルも通常攻撃が基本ダメージであるこの構成にマッチしています。サブ候補であるセイレーン、アクアハンターとマリーンシナジーを発動できます。
セイレーン 優秀な妨害スキルを持っています。ナーフされても強いです。深海の守護者とマリーンシナジーを発動できます。
アクアハンター 優秀な妨害スキルを持っています。ナーフされても強いです。深海の守護者とマリーンシナジーを発動できます。
闇のスピリット ウォリアー駒では削りにくいナイトのHPを削ってくれます。ウォーロックシナジー発動しているので、スキルさえ打てればかなりの耐久力になります。



ウォリアー6ビースト4で発動するシナジー効果

種族 駒数 効果
ウォリアー 3 味方のウォリアー全員の物理防御が6上がる
種族 駒数 効果
ビースト 2 味方の駒全員の攻撃力が10%上がる この効果は召喚ユニットにも適応される
種族 駒数 効果
グレーシャー 味方のグレーシャー全員の攻撃速度が35%上がる
味方の駒全員の攻撃速度が35%上がる
種族 駒数 効果
ウォーロック 2 全ての味方の駒全員の通常攻撃とスキルダメージに10%の吸血効果が付く

 

 

グレーシャーウォリアーの配置例

グレーシャーウォリアーの配置は、ウォリアー駒、嵐のシャーマンを前線に並べ、その他駒を後衛に並べて置きます。相手の陣形を崩す為に、後ろに配置することが多いです。

グレーシャーナイトと違い、バーサーカーは前線に出します。ウォリアーシナジーで耐久力が上がっているため、相手の攻撃を受け止めながら攻撃してもらいます。

配置の役割として、

赤色⇒前衛タンク役、妨害役 人狼、バーサーカー、終焉のデーモン、海賊王など

青色⇒後衛サポート役 氷河の祈祷師、氷河の呪術医、シャドウプリースト、魔毒の芋虫など

となります。

サブ駒の役割は

赤色⇒アクアハンター、闇のスピリット、嵐のシャーマン

青色⇒セイレーン

なのでこれを目安に配置してみてください。

グレーシャーウォリアー立ち回り解説

グレーシャーウォリアー編成は、一般的なビーストウォリアーの保険としてグレーシャーを集めながら進めます。ウォリアー駒の人気は特に高いので、人気薄のグレーシャー駒を集めることで安定性を高めることができます。

グレーシャーウォリアー構成に進む目安

序盤にウォリアーが集まっていることが重要です。

セイウチボクサー、赤き斧の王、剣聖、岩のスピリットなどが☆2になっていることが目安です。

このときに保険の意味で、グレーシャー駒を余ったお金で集めておきます。

このままビーストウォリアーに進むことができればいいのですが、なかなかウォリアーが集まらない。グレーシャー駒が重なった時に、グレーシャーウォリアーに進みます。

また、ナイトの集まりが良さそうな時は、そのままグレーシャーナイトに進むことも視野に入れることができます。



グレーシャーウォリアー序盤(レベル1~5)の立ち回り方

基本的にはビーストウォリアーの序盤と同じです。異なるのは余ったお金で、グレーシャー駒を集めておくことです。

あくまでも、余ったお金なので、ビーストウォリアーテンプレ駒や利子を優先させてください。

1~3ラウンドでは、セイウチボクサー、岩のスピリット、赤き斧の王、戦神、剣聖、深海の守護者などの低価格のウォリアーを集めます。

もちろん人狼や魔毒の芋虫などの必要な$3駒がでれば購入してください。

赤き斧の王と剣聖を重ねられると、ウォリアーシナジーとケーブシナジーがつき、かなり耐久力が上がります。

さらに、重要なシナジーとして、スピリットシナジーも意識してください。

序盤に強い駒は近距離攻撃の駒が多いので、運が良ければかなり刺さります。

レベルアップについては、基本通りに(4の倍数+1)ラウンドで狙いましょう。

序盤のショップリストの更新も控えて、しっかりレベルアップしながら利子収入を得ていきましょう。

グレーシャーウォリアー中盤(レベル6~8)の立ち回り方

中盤で、グレーシャー4が発動でき、グレーシャー駒が2体以上☆2になっていればグレーシャー駒を出します。

レベル7では、グレーシャー4ウォリアー3ビースト2ウォーロック2を発動できる一番強い組み合わせを場に出します。

グレーシャーウォリアーでは、グレーシャー駒のうちフロストナイトが不要なので、バーサーカーが引けた場合はフロストナイトを売却します。

躊躇せずに代えてください。

中盤に負けが混んでも、プリーストシナジーでHPを温存することができます。

勝ちに転ずるまで、思い切ってお金を節約することも大事です。

グレーシャーウォリアー終盤(レベル9~10)の立ち回り方

優秀な$4ウォリアー駒がグレーシャー、ビーストシナジー効果で圧倒的な攻撃力を、ウォリアー、ウォーロックシナジー効果で圧倒的な耐久力を発揮してくれます。

基本的には、レベル9でテンプレ構成に嵐のシャーマン、終焉のデーモンを追加してください。

深海の守護者が終盤まで残っている場合は、セイレーン、アクアハンターを追加してマリーンシナジーを発動すると、バーサーカーの耐久力をさらに高めることができます。

敵がナイト構成の場合は、闇のスピリットを追加してください。



グレーシャーウォリアーの装備アイテムをつける駒

グレーシャーウォリアーでは、途中での駒交換が多いので、交換予定の駒には積極的に装備アイテムをつけましょう。

最終構成での装備アイテムをつける駒を解説していきます。

アイテムのつけ方を間違えると効果が発揮されないので注意しましょう。

敵へのダメージ量を上げるアイテム

ダメージ量を上げるアイテムは、基本的にバーサーカーに集めましょう。

バーサーカーの火力をどれだけ上げられるかが、この構成で勝てるかのポイントです。

木の棒と吸血のマスクを合成して作られる、呪われた吸血のマスクをバーサーカーに装備できればかなり強いです。

自駒の耐久力を上げるアイテム

自駒の耐久力を上げるアイテムは基本的に人狼、海賊王などの前線に配置する駒にもたせてください。

アサシン対策として、魔毒の芋虫に物理防御を上げるアイテムをつけるのも効果的です。

また、バーサーカーが敵のスキル攻撃で瞬間火力を受けるといけないので、魔法防御を上げるアイテムを1つだけ持たせましょう。

MPの回復量を増やすアイテム

MPの回復量を増やすアイテムは魔毒の芋虫、海賊王、終焉のデーモン、嵐のシャーマン、セイレーンなどにもたせてください。

特に、魔毒の芋虫のMP回復量を上げる事は重要です。たくさん芋虫を召喚させることで、中盤で敵プレイヤーのHPを削りやすくなります。

そこでアドバンテージをもって終盤に進めるかが勝利のポイントです。

スキルの攻撃力を上げるアイテム

スキルの攻撃力を上げるアイテムは、海賊王、嵐のシャーマン、氷河の呪術医などにもたせてください。

スキルダメージを与える駒が少ない構成なので、間違えてつけないように注意しましょう。

グレーシャーウォリアー構成まとめ

グレーシャーウォリアーはウォリアー6ビースト4の保険としてかなり有効な構成です。

派生する構成として、グレーシャーナイト、ビーストウォーロックなどがありかなり臨機応変に動くことができ、事故を減らすことができます。

現環境で人気のドルイド駒を使わない構成なのも事故が少ない要因です。

$4ウォリアー駒は現環境で最強なので、しっかりこれらの駒を活かすことができるこの構成はなかなか強いです。

ぜひぜひお試しください!