テンプレ構成

スマホ版オートチェス攻略ドラゴン3ナイト6テンプレ編成序盤中盤の立回り解説

スマホ版オートチェスのテンプレ編成の一つであるドラゴン3ナイト6について解説します。

ドラゴン3ナイト6はナイトシナジーでシールドを張って耐えながら、火力役のドラゴンナイトで敵を一掃する編成です。

ナイトジョブである、フロストナイト、光刃の騎士、煉獄の騎士、不死の騎士、羊の騎士、ドラゴンナイトとドラゴン種族である、ライトドラゴン、毒竜、ドラゴンナイトを組み合わせた編成です。

名前のとおりそのままで、他の駒の選択肢がないため非常に覚えやすい編成となっています。

ただその強さは折り紙付きで、一度完成してしまえばほとんどの構成に有利に戦うことができます。

そんなドラゴン3ナイト6のテンプレ編成、配置の仕方、序盤中盤の立ち回り方法を解説していきます。

ドラゴン3ナイト6のテンプレ編成

ドラゴン3ナイト6は必須駒がフロストナイト、煉獄の騎士、光刃の騎士、ライトドラゴン、不死の騎士、羊の騎士、毒竜、ドラゴンナイトの8駒です。

サブの候補として、不死の騎士、ドラゴンナイト(2体目)、嵐のシャーマン、闇のスピリット、雷神、ジャイロコプター、アクアハンターなどが候補になります。

ドラゴン3ナイト6の必須駒

画像 駒名 価格 種族 クラス
フロストナイト $1 グレーシャー ナイト
煉獄の騎士 $2 デーモン ナイト
光刃の騎士 $2 ウイングス ナイト
ライトドラゴン $2 ドラゴンウイングス メイジ
不死の騎士 $3 アンデッド ナイト
羊の騎士 $3 ヒューマン ナイト
毒竜 $3 ドラゴン アサシン
ドラゴンナイト $4 ドラゴンヒューマン ナイト



ドラゴン3ナイト6のサブ候補

優先度 駒名 選定理由
不死の教皇 アンデッドシナジーを発動できるため、ドラゴン3ナイト6の弱点である火力の低さを補える。また、スキルによる回復効果が大きい。
ドラゴンナイト(2体目) ドラゴン3ナイト6の火力はドラゴンナイトが担っているため、2体目を編成することもかなり有効である。
嵐のシャーマン 相手のスキルを封じることができる良駒。メイジへの対策に有効。
闇のスピリット 固定ダメージがかなり強い。対ナイトに強く出られる。
アクアハンター 広範囲をスタンさせる良スキル。問題なく強い。
雷神 強力な魔法ダメージを与える。光刃の騎士やドラゴンナイトに魔法防御デバフアイテムを持たせている場合に特に有効。
ジャイロコプター 強力な魔法ダメージを与える。光刃の騎士やドラゴンナイトに魔法防御デバフアイテムを持たせている場合に特に有効。



ドラゴン3ナイト6で発動するシナジー効果

種族 駒数 効果
ナイト 2 味方のナイト全員が、3秒毎に25%の確率で3秒間持続するシールドを獲得する シールドは魔法防御を75%、物理防御を30上げる
4 味方のナイト全員が、3秒毎に30%の確率で3秒間持続するシールドを獲得する シールドは魔法防御を75%、物理防御を30上げる
味方のナイト全員が、3秒毎に30%の確率で3秒間持続するシールドを獲得する シールドは魔法防御を75%、物理防御を30上げる
種族 駒数 効果
ドラゴン 3 味方のドラゴン全員の初期マナが100になる

ドラゴン3ナイト6では、ナイト2、4、6が発動します。

ナイトの駒は3秒毎に3回シールドを得る抽選をされます。シールドが1つも発動されない確率は約37%です。運が良ければ、シールドが3つ発動され、固定ダメージ以外のダメージはほぼ受けなくなります。

ドラゴンシナジーは、戦闘開始した瞬間にドラゴンの駒のMPが最大になり、スキルが発動されます。特に、ドラゴンナイトはいきなりドラゴンに変身することができるため、強力なダメージ源になります。

ドラゴン3ナイト6の配置例

ドラゴン3ナイト6の配置は、基本的に後ろに寄せて置きます。

配置の役割として、

赤色⇒ナイトの前衛タンク役 煉獄の騎士、不死の騎士、羊の騎士

青色⇒ナイトの後衛火力、サポート役 光刃の騎士、ライトドラゴン、フロストナイト、ドラゴンナイト

黄色⇒敵陣形を崩す役 毒竜

となります。

サブ駒の役割は

赤色⇒アクアハンター、闇のスピリット、嵐のシャーマン

青色⇒不死の教皇、ドラゴンナイト(2体目)、雷神、ジャイロコプター

なのでこれを目安に配置してみてください。

ドラゴン3ナイト6立ち回り解説

ドラゴン3ナイト6編成は必須駒が確定しているため、序盤から駒の入れ替えの必要がほぼありません。ナイトさえたくさん集まれば、序盤~終盤まで無理なく戦うことができます。

ドラゴン3ナイト6編成に進む目安

ドラゴン3ナイト6に進む目安は、とにかくナイトが集まっているかどうかです。

ポイントとしては、10ラウンドまでに

  • 煉獄の騎士or光刃の騎士が☆2になる
  • 羊の騎士or不死の騎士が合わせて2体以上引けている

を満たしていれば、ナイト編成で十分に戦えるでしょう。


ドラゴン3ナイト6序盤(レベル1~5)の進め方

最初の$1駒選択ですが、ドラゴン3ナイト6に決め打ちしてフロストナイトを選択するのは危険です。フロストナイトはステータスがかなり低いため、ナイトが重ならない場合かなり弱いです。

ラウンド2~6で、光刃の騎士や煉獄の騎士、羊の騎士、不死の騎士が2種類引ければナイト編成を意識していきましょう。

ドラゴン3ナイト6では、最短でレベル8を目指す為に、序盤でのショップリスト更新は控えてください。

基本的にナイトがショップに並べば購入する。なければゴールドを貯めて、利子収入を蓄える。

さらに、ドラゴン種族の購入は、ナイトが集まりだしてからで問題ありません。

目安として、レベル6あたりからドラゴン種族は集めましょう。

レベルアップのタイミングですが、基本的にラウンドが(4の倍数+1)のときに行ってください。ただ、ナイト駒の購入が最優先でゴールドが足りなければ、次のラウンドでレベルアップしてください。

そして、ドラゴン3ナイト6を進めるにあたって、覚えておくことの一つが

序盤の羊の騎士はめっちゃ強い!!ってことです。

☆1でも羊の騎士のスキルは、味方1体のHPを250回復して、周囲2マスの敵の駒全員に250の固定ダメージを与えます。

HPが600程度しかない序盤の駒にとっては、かなりの効果になります。

ドラゴン3ナイト6中盤(レベル6~8)の進め方

ドラゴン3ナイト6の中盤はドラゴンナイトを引けるかどうかにかかっています。

ナイトは6種類しかないため、ドラゴンナイトを引けないとナイト6を発動できません。

ただ、闇雲にショップリストを更新せずに、利子収入を得ながらレベル8まで頑張りましょう。

レベル8になれば、ショップリストを更新してドラゴン3ナイト6の完成を目指してください。

レベル8になる前に、ドラゴンナイトをうまく引けた場合は

「ナイト6」か「ドラゴン3ナイト4」のどちらか☆が多い編成を選択してください。

不死の教皇が引けた場合は「ナイト4アンデッド2」も強いです。

ドラゴン3ナイト6終盤(レベル9~10)の進め方

ドラゴン3ナイト6では、9体目と10体目の駒を相手に合わせて決められます。

ウォリアー相手⇒不死の教皇、ドラゴンナイト(2体目)、アクアハンターなど

メイジ相手⇒嵐のシャーマン、アクアハンターなど

ナイト相手⇒闇のスピリットなど

相手に合わせて、9体目と10体目を決めていきましょう。



ドラゴン3ナイト6の装備アイテムをつける駒

ドラゴン3ナイト6のそれぞれの駒の役割はかなりはっきりしています。

そのため装備アイテムをつけるべき駒もほぼ決まっています。

アイテムのつけ方を間違えると効果が発揮されないので注意しましょう。

敵へのダメージ量を上げるアイテム

ダメージ量を上げるアイテムは、基本的にドラゴンナイトに集めましょう。

ドラゴンナイトがドラゴンに変身した場合、通常攻撃に魔法ダメージの追加効果がのります。攻撃力が高くなると、その追加効果の魔法ダメージも大きくなります。

自駒の耐久力を上げるアイテム

自駒の耐久力を上げるアイテムは羊の騎士、不死の騎士、煉獄の騎士にもたせてください。

ドラゴンナイトのスロットに余裕がある場合は、ドラゴンナイトに耐久力を上げるアイテムをもたせても効果が高いです。

MPの回復量を増やすアイテム

MPの回復量を増やすアイテムはドラゴンナイト、光刃の騎士以外にもたせてください。

ドラゴンナイトはドラゴンシナジーで変身できるため、マナ回復は不要です。

光刃の騎士もパッシブスキルなのでマナ回復は不要です。

サブ候補の不死の教皇、嵐のシャーマンなどにもたせると効果が高いです。

敵駒の耐久力を下げるアイテム

敵駒の耐久力を下げるアイテムはドラゴンナイト(☆2)、光刃の騎士、フロストナイトにもたせてください。

ドラゴンナイト(☆2)と光刃の騎士は、通常攻撃が範囲攻撃なので効果が高いです。

フロストナイトは攻撃速度が速いので有効です。

ドラゴン3ナイト6編成まとめ

ドラゴン3ナイト6編成は覚えやすく、なおかつ組めれば強いので初心者向けだと思われます。

初めてドラゴン3ナイト6を組めた時に、すごく感動した覚えがあります。

テンプレ編成の強さとシナジーの大切さを実感してください!